アニメ「Fate」を見る順番は?

「Fate」シリーズのアニメは 2006 年以来、さまざまな形で翻案されてきましたが、そのうちのいくつかは他のものよりも有名です。すべてを理解し、どの順序で視聴するかを知ることが重要です。これは、特に始めたばかりの場合、必ずしも明らかではありません。ただし、わかりやすくするために、アニメとそのシリーズに関するいくつかの重要な点を詳しく説明します。

運命の写真。インターネット経由で撮影した画像

Fate』はどのような順番で見るべきですか?

彼らの性格による。 年代順 サーガの中で、Fateシリーズは次のように単純化できる:

  1. Fate /Zero (発売日は2011年から2012年)。 『Fate/stay night』の10年前を描く物語。聖杯によって任命された7人の魔術師は、7人の伝説の精霊を召喚し、1人だけを残すために互いに戦います。
  2. Fate / Stay Night (発売日は2006年)。日本の冬木市にある穂村原学園に通うアマチュア魔術師 (衛宮士郎) の 2 週間の生活に焦点を当てます。
  3. Fate / Stay Night:Unlimited Blade Works (2010年から2014年にリリース)。月姫と同じ宇宙で物語が繰り広げられるType-Moonのビジュアルノベル「Fate/staynight」を原作としたUfotableのアニメシリーズ。物語は、当初は戦争に参加したくなかった衛宮士郎の力の特異点を発見したことによって特徴づけられます。
  4. Fate / Stay Night: Heaven's Feel (映画三部作) (2017年から2020年にリリース)。シナリオは、第5次聖杯戦争中に自分自身にもかかわらず戦わなければならない衛宮士郎に焦点を当てています。
  5. Fate / Grand Order (2020年よりアニメ映画制作中 - )。カルデア組織への攻撃と、邪悪なサービターが謎の聖杯の呼びかけで戦う一種の平行世界(特異点F)の発見から始まります。
  6. Fate Apocrypha (2017年発売)。舞台となるのは『Fate/stay night』の別世界、第三次聖杯戦争後、長年聖杯が行方不明になっていた世界。 2000年代、聖杯の保持を主張する集団「ユグドミレニア」が魔術師協会の廃止を宣言。
  7. Fate /EXTRALASTアンコール (2018年)。これは一種のスピンオフ シリーズで、岸波白野 (主人公の 1 人) の物語です。岸波白野は、過去の記憶を持たない奇妙な仮想世界に迷い込み、戦争で生き残るために戦わなければなりません。彼は、最も大切な願いを叶えるという最高の賞を獲得するために、何も知りません。

以下を含む 付帯工事 サーガの中で、観るべき順番はこうだ:

  • フェイト・ゼロ (2011-2012)
  • 宿命の夜 (2006)
  • フェイト/ステイナイト アンリミテッド・ブラックワーズ(2014-2015)
  • Fate/stay night(Heaven's Feel)I プレザージュ・フラワー (2019)
  • フェイト・ステイ・ナイト(ヘブンズ・フィール) II ロスト・バタフライ (2019)
  • 運命の夜(ヘブンズ・フィール) III 春の歌 (2020)
  • フェイト・ストレンジ・フェイク (2023)

アニメ『Fate』を見るためのいくつかの提案はあるが、私たちは次のようにアドバイスする。 フェイト・ステイ・ナイト2006年に出版された。アニメ化された『アンリミテッド・ブラックワークス』や『ヘブンズフィール』で起こる出来事の一部はネタバレになっているが、詳細を見逃すことはないだろう。

実際、Fateのアニメをどの順番で見ても、それぞれの物語が明らかになる楽しみがある。しかし、これはアニメの第1話であるはずなので、「Fate Stay Night」から見ることをお勧めする。

アニメーションの基礎

Fateライセンスには、明確に定義された3つのメインユニバースと、主に引用できるすべてのカテゴリのセカンダリスピンオフが含まれています:Fate / Stay Night、Fate EXTRA(Fate / EXTRA Last Encore、2つのゲームFateExtellaとFateグランドオーダー特にアニメシリーズでは、共通のテーマと一般的なイデオロギーを維持しています。

基本コンセプト

Fateシリーズは明確な基本コンセプトに基づいている: がぶつかる(「聖杯戦争 魔道士 私たちの世界と同じような現代世界で、一定の間隔で行われる。

マギは「英霊」(聖杯戦争に介入するよう要請された、人類の歴史上の偉大な人物の化身)の仲介によって戦う。彼らはしばしば、ギルガメシュ(シュメールの英雄)、宮本武蔵(日本の有名な剣士であり哲学者)、レオニダス(スパルタの王であり、古代におけるペルシャ帝国との戦争の英雄)といった実在の、あるいは神話上の英雄を呼び出す。

盟約によって結ばれたマスターとそのサーヴァントは、最も大切な願いのひとつを叶えるために聖杯戦争に勝利するという究極の目標を持って戦う。各サーヴァントには独自のクラスがあり、好みの武器や戦闘スタイルを表す英語の名前が付けられている:ソードマン、アーチャー、スピアマン、キャスター、ライダー、アサシン、バーサーカー。

さらに ナルトを見る正しい順番 !

気に入りましたか?シェアする

このコンテンツは フランス人作 (すぐ下のエディタを参照)。DeeplやGoogle翻訳APIを利用して、できるだけ多くの国の言語に翻訳し、校正しています。この翻訳には毎月数千ユーロのコストがかかります。もし100 %が完璧でない場合は、私たちが見直すことができるようにコメントを残してください。校正や翻訳記事の品質向上に興味がある方は、遠慮なくお問い合わせフォームからメールをお送りください!
私たちは、私たちのコンテンツを改善するためにあなたのフィードバックに非常に感謝しています。ご意見・ご感想は、お問い合わせフォームまたは下記までお寄せください。 あなたのご意見は、Alucare.frサイトの向上に貢献します!

Alucareは独立系メディアです。Googleニュースのお気に入りに追加して応援してください:

コメントを投稿する